個人再生のデメリット~手続きの前に知っておくべき事リスト~

個人再生のデメリット~手続きの前に知っておくべき事リスト~

個人再生のデメリット~手続きの前に知っておくべき事リスト~

自己破産のように借金を含めて全ての保有資産を処分する制度とは違い、抱えている債務を大幅に軽減することで借金などの完済を目指すというのが個人再生です。3年を目処に返済を目指すためのサポートを、弁護士や司法書士の監修の元で受けられるといったメリットがあります。
では個人再生にはどのようなデメリットがあるのかというと、新たに消費者金融業者や銀行からお金を借りることが一定期間できなくなるということがまず挙げられます。いわゆるブラックリストに名前が載ってしまい、信用調査に引っかかってしまうのがその原因です。しかしあくまでも一定期間借り入れができなくなるだけなので、個人再生を行ったからと言って一生涯新たにローンが組めなくなるなということは無いと認識しておくといいでしょう。
個人再生のデメリットとしては、住所氏名が官報という機関紙に掲載されるという点も挙げられます。不特定多数の人間に自身が個人再生を実行したということが知れ渡ってしまうということなので、多大な借金を抱えていたということを隠し通すことが不可能であるといった点を記憶しておいてください。
また返済を継続できる収入がないと手続きそのものができないなどといったデメリットも存在していますが、そのような問題点に関する疑問は個人再生をサポートしてくれる弁護士や司法書士の先生から的確に説明してもらえるため、事前にある程度の心構えが可能となっていることから、安心して利用できる制度であるとも言えるのです。